SEO対策と集客のヒント


SEO などの対策を試みずに 、Web サイトをネット上に開設することは、誰も足を踏み入れないような奥深い山奥にスーパーマーケットをオープンするようなものだなどという専門家たちもいるようです。ネットショップなどを開設しようと考えていらっしゃる方々にとって のSEO は、お客様を呼び込むための集客術であり、WEBサイトを開設しようと考える人々にとって必要不可欠なマーケティング戦略の1要素でもあるのです。ただ単にWEBサイトを開設したからといって、ネットショップのオープンとともに多くの人々が行列をなして訪れることは、一般的には考えにくく、ネット上で人々が集まるサイトにはそれなりの理由があるものだと言うことが知られております。WEBサイト上の集客を求めるための戦略の1つにSEOがあげられますが、SEOはGoogleなどの検索エンジンの利用時に用いられる検索キーワードなどをリサーチすることからWEBサイトを構築するための数多くのヒントを見つけ出すことからはじまります。

リンクの階層

WEB制作をする上で、ページの階層構造を整理することはとても大切です。

SEOの観点からは、リンク付けもその範疇にあります。

つまり、ユーザーにとって構造が把握し易いリンク付けが望ましいのです。トップページから各ページに飛べるようにリンク付けするのはもちろんのこと、ページからページに飛ぶためのリンクが、全てのページに張られていると、親切なサイトであると判断されます。目的のページに辿り着きやすいサイトを目指して構築することが求められます。

階層は複雑なものにしてはいけませんから、数層に留めるのが理想です。ディレクトリもあまり増やすべきではありません。検索エンジンの動きは、人間の「巡回」に近く、階層がシンプルであればあるほど巡回の数が増えることになります。

例えばディレクトリを深くしてしまうと、目的のファイルを探すのに時間が掛かってしまいます。大規模なサイトであれば、ある程度のディレクトリ、階層は必要になります。それでも無駄を削ることは可能です。
文章表現には書き手のスキルや能力が表れるものですが、SEOを意識した文章では、特に簡潔に伝えられているかが問われます。キーワードが沢山入り込んでいても、冗長は言い回しが多用されていれば、ユーザーは読む気を失くしてしまいます。ユーザーが飛びつくような記事の特徴は、簡潔に有用な情報を伝えるものです。そのためには、キーワードが自然な形で散りばめられなければなりません。

現時点では、こなれた日本語であるかどうかまでは、細かくチェックされない傾向にありますが、将来は検索エンジンがそこまで進化しないとも限りません。

文章内容とSEO

SEOの内部対策としては、タイトル、サイト内の構造や論理、HTMLの記述の仕方に注意するのはもちろんのこと、文章内容そのものにも気を配る必要があります。というのも、検索エンジンは既に文章自体を読解できるレベルに達しているからです。驚異的とも言えるスピードで進化しているわけで、人間も負けてはいられません。もちろん翻訳ツール等を調べれば分かるように、まだまだ人間のそれには劣っているのですが、記事内容が分かりやすいサイトか、ユーザーの目的に適っているのかくらいは判別できるようです。

文章を書くことに慣れていない人は、どのような記述が優れているのかさえ身に付いていないのかもしれません。当てはまる方はSEO対策以前の問題ですから、まずは文章のテクニックを学び取る必要があります。要点だけ紹介すると、文章は短すぎるとユーザーに不親切と取られます。最低1500文字は必要とされています。また、キーワードをなるべく多用した方が、役に立つ記事だと判断されます。

効果的なSEO対策

テレビで放映された内容をすぐにインターネットで検索している人が増えています。自分のサイトに関連した内容のテレビ番組はマメにチェツクして、テレビの情報をサイトに反映させるようにしましょう。番組を見損なった人、番組を見て気になったことを検索する人たちのアクセスを集められます。サイトの更新頻度を高めていれば、ロボッ卜が巡回する頻度も高まるので、期待以上のアクセスを得うれるかもしれません。

テレビの情報を先取りする

テレビ番組の情報誌や番組表を提供するサイトなどで、放送予定の番組をチェツクして、SEO対策の準備をしておきましょう。ほかにもたとえばドラマであれば、制作発表のニュースかう、番組名、出演者などの情報を盛り込むことで、効果的なSEO対策になります。タレントや商品、健康やダイエットの情報、旅の情報、料理の情報、これらの情報を放映前にページに盛り込んでおけば、放送終了後にはたくさんのアクセスを獲得できるでしょう。ただし注意が必要なのは、テレビの話題で集まるアクセスは一過性のものだということです。リピーターを獲得するために、ほかに関連したページを用意して誘導するようにしましょう。

metaタグって何?

“まずは、 metaタグというものについて再度確認していきましょう。meta タグとは、Google などの検索エンジンや、 Chromeなどのブラウザーに対して、ページの情報を伝えるためのタグのことです。
HTMLの一番上にある head 内に記述し、検索エンジンなどのロボットが最も先に読み取る情報となります。そのため、ロボットに対して「このページは検索結果に出さないで!」「このページの内容を簡単にまとめた内容はこれ!」「SNS でリンクされるときはこの画像を使って!」などの指示を出すために記述します。
普通に Web サイトを閲覧していて、人聞が meta タグを見ることはあまりありませんが、ロボットにとってはとても重要な箇所となるわけです。
meta descriptionタグは、そんな meta タグの中でもページの説明文という役割を持ったタグです。
meta descriptionタグで書かれたテキストが、検索エンジンでの検索結果において、titleの下に表示されることになります。”

 hタグ

従来、複数のhタグによる階層構造を含むコンテンツは、検索エンジンにとって理解しやすいサイト構造であり、表示順位で優遇されると言われていました。しかし現在では、コンテンツの文脈や構造を理解するのに若干役立つ程度と考えられています。そのため、たとえ見出しが正しく使われていなくても、それが致命的な問題としてみなされません。順位に影響もされることもないので、敢えてWebサイト全体のデザインを見直す必要もありませんが、かんたんに見出しを設定できるWeb作成ツールを使用しているのであれば、SEO(検索エンジン最適化)というよりも読みやすさの観点から、見出しを活用するという方向で利用するとよいでしょう。わかりやすい見出しを設置すれば、ユーザーは必要な情報をすばやく見つけることができるとして、有益なコンテンツとして繰り返し利用の足掛かりとなるかもしれません。Web作成ツールを使えば、見出しの設定自体は比較的かんたんです。見出しのデザインは利用しているテンプレートによって異なるため、デザインを修正するにはCSSとHTMLの知識が必要となります。

要素の分類

HTMLの文書では、タグがつけられている要素の中から別のタグを選択し、さらなる情報追加をするということもできるようです。もし入れ子にしたい時などは、終了タグがチグハグになってしまわないよう、内側のタグから順に閉じていくということに注意すべきでしょう。この時、外側で別の要素を含んでいるものを「親要素」と呼び、内側にあって親要素に含まれているものを「子要素」と呼んで区別しているようです。言います。HTMLにおけるホームページ作成の場合、要素が親要素と子要素というように「関係」を分類することから、HTMLの文書というのは、全体的にHTML要素を基に、階層構造を担っていることがわかるのではないでしょうか。こういった構造を一般的にツリー構造などと呼んでいるようです。ツリー構造では、親と子の要素のほか、ある要素より上位にある要素のうち、一段階上の要素が親となる「祖先要素」、ある要素よりもランクの低い要素のうち、一段階下の階層の要素が子になる「子孫要素」、ツリー構造の上で同じ親を有し、同階層に位置している「兄弟要素」などがあると言われています。この要素の捉え方というのは、CSSで「継承」や「包括ブロック」などの性質を考えていく時などにも、重要となる部分なので、覚えて置くと良いでしょう。また、親と子の分類の他に、要素の多くは2種類に細分されると言えるでしょう。それが「ブロックレベル要素」「インライン要素」であり、ほかにどの要素を入れられるかという決まりがあるとされています。文章にリンクを設定したいときなどは、HTML4.01を利用する場合、細かな決まりがあるため、文書の書き方一つで誤ってしまう恐れがあるでしょう。文書型宣言がstrict DTDであるならば、body要素の中に直接記述できる要素も限定されているため、インライン要素はその限定されたブロックレベル要素の中に含まれていなければならないと言えるでしょう。このような決まりは、文書型定義として細かく定義されているので注意して学んでおくと良いでしょう。

「SEOとテーブルタグと表組みの作り方」サイトトップへ

環境を選ばないRPA

RPA導入にあたり、いちばんに頭に浮かぶものとして挙げられるのが「RPAツール」
と呼ばれているソフトウェアではないでしょうか。そして、実際に導入を考慮した時にそのツールを実行するための機器や、管理、運用する業務を担当する労働者または組織が必要というように考えは流れて行くのではないでしょうか。RPAのメリットとして挙げられる特徴として、大掛かりな設備や人員、組織が必要ないという点が挙げられるようですが、そのため、小規模導入ともなると、今までのIT環境を変えることなく活用して導入が実現できるといったツールもあるようです。ロボットをインストールするサーバーと、ロボットを実行するパソコンだけ準備できれば、導入が実現してしまうといったツールもあり、両方とも新しく準備せずとも導入が可能というのが最大のメリットと言えるのではないでしょうか。さらにはサーバーも不要というツールも登場しているようで、パソコンさえあれば、デスクトップ環境で利用可能といった小規模なものも開発されているようです。もちろん、こういった小規模なものは、人材確保も必要ないようで、新たに担当者を決めるといったことも必要ないようです。もちろん、万が一の場合を考えて、最終的な責任者というのは設置しておくことは重要でしょう。こういった小規模RPA導入にあたり、管理ツールを確認して選ぶということは一つのポイントと言え、業務のどういった部分を改善したいのか、どういう効果を出していきないかといった導入目的をあらかじめ明確にして導入を考えるようにすると良いでしょう。現時点で、どの作業がタイムロスにつながっているのかや、どこを自動化すれば効率化が図れるのかといったことを割り出しておくことにより、より効率的な導入が望めるのではないでしょうか。作業内容を書き出し、可視化するというのもロボットに設定するためのルール作成をわかりやすくしてくれるでしょう。人が行っていた作業工程を単純にわかりやすくルール化しておくことは、RPA導入の初歩的作業とも言えるでしょう。

「SEOとテーブルタグと表組みの作り方」サイトトップへ

ユーザーの行動パターンとコンバージョン

コンバージョンとは、皆さんのウェブサイト上で、ユーザーたちが商品購入や資料請求もしくは、問い合わせなどを行った際に、完結したセッション数を数値化したものになってくるようです。これは、売上や皆さんの成果につながるものであって、このコンバージョン件数を増やすことが、 Web サイト運営において、何よりも重要なことだとも言われています。実際に、 SEO を行うことによって、アクセス数が増えたウェブサイトが、それで成果が完了したというわけではなく、また、訪問数が多いウェブサイトが、実際に、コンバージョン件数が多いのかと言うと、実は、この数値は比例しないのであります。アクセス数が、少なくとも確実に、コンバージョンを稼いでいるウェブサイトもあることから、何よりもユーザーがアクションを起こしたくなるようなウェブサイト運営がコンバージョン数を高めているようです。ウェブサイトの成果を上げるためにはこ、のコンバージョン率に注目して見ることが、何よりも重要な要素となってくるでしょう。また、検索キーワードなどにおいても、このコンバージョン件数を達成したユーザーたちが、どんなキーワードによって、サイトを訪れているのかといったような、ユーザーたちの追跡や経路の確認などから、様々なユーザー心理や行動パターンが読み取れてくるはずです。

「SEOとテーブルタグと表組みの作り方」サイトトップへ

コンバージョンの獲得としてのアフターフォロー

 Web サイト運営の中で、ユーザーからの信頼や信用を獲得していくためには、お客様たちからのリアルな口コミや、また購入者たちが、その商品を自然発生的に、宣伝してくれるといったような商品の評判が、何よりも重要なポイントとされているようです。 SEO などの観点からにおいても、多くのユーザー達の声を、ウェブサイト上に上げることができるのは、皆さんの自社製品をアピールする上で、何よりも重要なコンテンツとなってくるのではないでしょうか。ユーザーからの口コミ数が増え、更なる購入者を呼び込むといったようなサイクルが出来上がってくることは、ユーザーからの厚い信頼が、実際には何よりも商品のプロモーションになってくるでしょう。また、商品購入後のアフターサービスとして、商品やサービスの活用法をコンテンツに取り込んでみたり、 F & Q などとしてトラブルの解決法、、または、サポート体制の整った問い合わせ窓口などの紹介を、きちんとコンテンツ内容に含めることによって、お客様の信頼度や更なる満足度を生み出していくのではないでしょうか。顧客満足度は、何よりも皆さんのコンテンツを強化し、コンバージョンの獲得に繋がってくるなどと言われています。

「SEOとテーブルタグと表組みの作り方」サイトトップへ