リスティング広告とSEOの特色

リスティング広告とSEO対策の両方を並行してPR活動に加えることを専門家たちは推奨しているようです。WEBマーケティングのなかでも代表格として知られているSEOとリスティング広告でありますが、どちらか1つのPR活動に経費や労力を落とし込んだとしてもアンバランスな効果として良い成果に結び付かないケースがあるようです。リスティング広告とSEOのそれぞれの特色を分析していきますと、比較的ユーザーからの反響を得ることに即効性があると言われているのがリスティング広告です。またユーザーからの反響を得るまでには、長期的なプランが必要であるなどと考えられているのがSEOです。それぞれプロモーションを行ったからと言っても、その効果への保証はもちろんありませんが一般的な概念として上記のような働きがみられるようです。

MOVABLE TYPEでのパーマリンク設定

“movable typeでのパーマリンク設定

基本的に静的ページを生成するmovable typeではURL表記についてそれほど気にする必要はないのですが、注意すべき点があります。movable typeでのデフォルトのURLが年月のディレクトリに連番が振られたhtmlファイルが生成されるように設定されている点です。つまり、デフォルトの状態で記事を生成すると、http://hogehoge.jp/achive/07/01/00326.htmlといったURLになってしまいます。

これではURLを見ても何についての記事かわかりにくく、しかも無駄に階層が深くなっているのもマイナスポイントです。ディレクトリ構造もURL表記もSEOを全く考慮していないも同然です。ですから、設定を変更しておきましょう。また、長くなったカテゴリアーカイブページを分割するために「MTPaginate」を使った時は、ページ内に「?」「=」を含む動的ページが生成されます。これらの文字や記号は検索エンジンと相性が悪いので、URLでは使わないことが望ましいのです。「MTPaginate 」を使用しているから全く検索エンジンに補足されないというわけではありませんが、大体のプラグインとして「paged categories plugin」を使うことも選択肢に入れておきましょう。

現場での実践

メールの件名にプロジェクトコードといった特別な文言を用いたり、電話で済ませた話を別の表に記載しなければならなかったり、決められたルールに従うことに対しては、却って時間がかかると思われるかもしれない。

コミュニケーションマネジメン卜の本質とは個々人の意見をおさえることが目的ではなく、無駄をなくし意思を通じやすくするためにある。

プロジェク卜マネジャーは「プロジェク卜推進の全体最適化」の視点を持ち、「その情報伝達の先に何が控えているか」「トラブルが発生したとき、どこを参照すればよいか」について、うまく解決するための行き届いたコミュニケーションを考えることが大切だろう。

プロジェク卜においては作業そのもの、そして問題発見と解決にも効率とスピードが求められるのである。

SEO対策と集客のヒント


SEO などの対策を試みずに 、Web サイトをネット上に開設することは、誰も足を踏み入れないような奥深い山奥にスーパーマーケットをオープンするようなものだなどという専門家たちもいるようです。ネットショップなどを開設しようと考えていらっしゃる方々にとって のSEO は、お客様を呼び込むための集客術であり、WEBサイトを開設しようと考える人々にとって必要不可欠なマーケティング戦略の1要素でもあるのです。ただ単にWEBサイトを開設したからといって、ネットショップのオープンとともに多くの人々が行列をなして訪れることは、一般的には考えにくく、ネット上で人々が集まるサイトにはそれなりの理由があるものだと言うことが知られております。WEBサイト上の集客を求めるための戦略の1つにSEOがあげられますが、SEOはGoogleなどの検索エンジンの利用時に用いられる検索キーワードなどをリサーチすることからWEBサイトを構築するための数多くのヒントを見つけ出すことからはじまります。

リンクの階層

WEB制作をする上で、ページの階層構造を整理することはとても大切です。

SEOの観点からは、リンク付けもその範疇にあります。

つまり、ユーザーにとって構造が把握し易いリンク付けが望ましいのです。トップページから各ページに飛べるようにリンク付けするのはもちろんのこと、ページからページに飛ぶためのリンクが、全てのページに張られていると、親切なサイトであると判断されます。目的のページに辿り着きやすいサイトを目指して構築することが求められます。

階層は複雑なものにしてはいけませんから、数層に留めるのが理想です。ディレクトリもあまり増やすべきではありません。検索エンジンの動きは、人間の「巡回」に近く、階層がシンプルであればあるほど巡回の数が増えることになります。

例えばディレクトリを深くしてしまうと、目的のファイルを探すのに時間が掛かってしまいます。大規模なサイトであれば、ある程度のディレクトリ、階層は必要になります。それでも無駄を削ることは可能です。
文章表現には書き手のスキルや能力が表れるものですが、SEOを意識した文章では、特に簡潔に伝えられているかが問われます。キーワードが沢山入り込んでいても、冗長は言い回しが多用されていれば、ユーザーは読む気を失くしてしまいます。ユーザーが飛びつくような記事の特徴は、簡潔に有用な情報を伝えるものです。そのためには、キーワードが自然な形で散りばめられなければなりません。

現時点では、こなれた日本語であるかどうかまでは、細かくチェックされない傾向にありますが、将来は検索エンジンがそこまで進化しないとも限りません。

文章内容とSEO

SEOの内部対策としては、タイトル、サイト内の構造や論理、HTMLの記述の仕方に注意するのはもちろんのこと、文章内容そのものにも気を配る必要があります。というのも、検索エンジンは既に文章自体を読解できるレベルに達しているからです。驚異的とも言えるスピードで進化しているわけで、人間も負けてはいられません。もちろん翻訳ツール等を調べれば分かるように、まだまだ人間のそれには劣っているのですが、記事内容が分かりやすいサイトか、ユーザーの目的に適っているのかくらいは判別できるようです。

文章を書くことに慣れていない人は、どのような記述が優れているのかさえ身に付いていないのかもしれません。当てはまる方はSEO対策以前の問題ですから、まずは文章のテクニックを学び取る必要があります。要点だけ紹介すると、文章は短すぎるとユーザーに不親切と取られます。最低1500文字は必要とされています。また、キーワードをなるべく多用した方が、役に立つ記事だと判断されます。

効果的なSEO対策

テレビで放映された内容をすぐにインターネットで検索している人が増えています。自分のサイトに関連した内容のテレビ番組はマメにチェツクして、テレビの情報をサイトに反映させるようにしましょう。番組を見損なった人、番組を見て気になったことを検索する人たちのアクセスを集められます。サイトの更新頻度を高めていれば、ロボッ卜が巡回する頻度も高まるので、期待以上のアクセスを得うれるかもしれません。

テレビの情報を先取りする

テレビ番組の情報誌や番組表を提供するサイトなどで、放送予定の番組をチェツクして、SEO対策の準備をしておきましょう。ほかにもたとえばドラマであれば、制作発表のニュースかう、番組名、出演者などの情報を盛り込むことで、効果的なSEO対策になります。タレントや商品、健康やダイエットの情報、旅の情報、料理の情報、これらの情報を放映前にページに盛り込んでおけば、放送終了後にはたくさんのアクセスを獲得できるでしょう。ただし注意が必要なのは、テレビの話題で集まるアクセスは一過性のものだということです。リピーターを獲得するために、ほかに関連したページを用意して誘導するようにしましょう。

metaタグって何?

“まずは、 metaタグというものについて再度確認していきましょう。meta タグとは、Google などの検索エンジンや、 Chromeなどのブラウザーに対して、ページの情報を伝えるためのタグのことです。
HTMLの一番上にある head 内に記述し、検索エンジンなどのロボットが最も先に読み取る情報となります。そのため、ロボットに対して「このページは検索結果に出さないで!」「このページの内容を簡単にまとめた内容はこれ!」「SNS でリンクされるときはこの画像を使って!」などの指示を出すために記述します。
普通に Web サイトを閲覧していて、人聞が meta タグを見ることはあまりありませんが、ロボットにとってはとても重要な箇所となるわけです。
meta descriptionタグは、そんな meta タグの中でもページの説明文という役割を持ったタグです。
meta descriptionタグで書かれたテキストが、検索エンジンでの検索結果において、titleの下に表示されることになります。”

 hタグ

従来、複数のhタグによる階層構造を含むコンテンツは、検索エンジンにとって理解しやすいサイト構造であり、表示順位で優遇されると言われていました。しかし現在では、コンテンツの文脈や構造を理解するのに若干役立つ程度と考えられています。そのため、たとえ見出しが正しく使われていなくても、それが致命的な問題としてみなされません。順位に影響もされることもないので、敢えてWebサイト全体のデザインを見直す必要もありませんが、かんたんに見出しを設定できるWeb作成ツールを使用しているのであれば、SEO(検索エンジン最適化)というよりも読みやすさの観点から、見出しを活用するという方向で利用するとよいでしょう。わかりやすい見出しを設置すれば、ユーザーは必要な情報をすばやく見つけることができるとして、有益なコンテンツとして繰り返し利用の足掛かりとなるかもしれません。Web作成ツールを使えば、見出しの設定自体は比較的かんたんです。見出しのデザインは利用しているテンプレートによって異なるため、デザインを修正するにはCSSとHTMLの知識が必要となります。

要素の分類

HTMLの文書では、タグがつけられている要素の中から別のタグを選択し、さらなる情報追加をするということもできるようです。もし入れ子にしたい時などは、終了タグがチグハグになってしまわないよう、内側のタグから順に閉じていくということに注意すべきでしょう。この時、外側で別の要素を含んでいるものを「親要素」と呼び、内側にあって親要素に含まれているものを「子要素」と呼んで区別しているようです。言います。HTMLにおけるホームページ作成の場合、要素が親要素と子要素というように「関係」を分類することから、HTMLの文書というのは、全体的にHTML要素を基に、階層構造を担っていることがわかるのではないでしょうか。こういった構造を一般的にツリー構造などと呼んでいるようです。ツリー構造では、親と子の要素のほか、ある要素より上位にある要素のうち、一段階上の要素が親となる「祖先要素」、ある要素よりもランクの低い要素のうち、一段階下の階層の要素が子になる「子孫要素」、ツリー構造の上で同じ親を有し、同階層に位置している「兄弟要素」などがあると言われています。この要素の捉え方というのは、CSSで「継承」や「包括ブロック」などの性質を考えていく時などにも、重要となる部分なので、覚えて置くと良いでしょう。また、親と子の分類の他に、要素の多くは2種類に細分されると言えるでしょう。それが「ブロックレベル要素」「インライン要素」であり、ほかにどの要素を入れられるかという決まりがあるとされています。文章にリンクを設定したいときなどは、HTML4.01を利用する場合、細かな決まりがあるため、文書の書き方一つで誤ってしまう恐れがあるでしょう。文書型宣言がstrict DTDであるならば、body要素の中に直接記述できる要素も限定されているため、インライン要素はその限定されたブロックレベル要素の中に含まれていなければならないと言えるでしょう。このような決まりは、文書型定義として細かく定義されているので注意して学んでおくと良いでしょう。

「SEOとテーブルタグと表組みの作り方」サイトトップへ