Googleキーワードプランナー

SEO対策のサイト全体のキーワードを絞り込めたらGoogle キーワードプランナーを利用してそのキーワードの詳細な情報を調べてみましょう。各キーワードの月間検索件数を出すことができます。

GoogleアカウントにログインしGoogle キーワードプランナーにアクセスして、
「新しいキーワードと広告グループの候補を検索」をクリックします。入力欄に、調べたいキーワードを入力します。キーワードが 2つ以上ある場合はそれぞれ改行して入力を行います。
ツールでは、関連性の高いキーワードや、検索の多い キーワードが表示されます。その中から、サイトのア クセスやコンバージョンを高めるキーワードを選ぶ必要があります。自分のサイトの内容、ターゲットをよ く考え、キーワードを選びましょう。

競合性についてですが、キーワードに対して、他のサイトとどの程度競合しているかが「高」「中」「低」で表示されます。競合性は、当然低いほうが有利です。
まずは「競合性」が低いもので、かつ「月間平均検索ボリューム」の多いものがあるかどうか探してみましょう。すべて高いものがあれば、キーワードの有力候補です。そのキーワードが会社として使用可能かどうか、ターゲットとして使えるかどうかを検討してください。もし会社の目的に合わないようなら、会社のサービス内容に合ったキーワードを一覧の中から探してください。月間検索件数が多ければ競合が多く存在していて少なければアクセス数が少ないのでその中間を選ぶのも一つの戦略です。

SEO対策の専門コンサルタント:俺のSEO.comのTOPへ戻る

フッターリンク

フッターリンクはユーザビリティにも効果が高いといわれています。
一般的に、ページ上部にあるヘッターのリンクはクリックされやすく、 SEOにも効果があります。 一方、下部にあるフッターのリンクはヘッダーに 比べて軽視されがちですが、意外にクリックされることも多く重要なので忘れずに設定しておきましょう 。 フッターは、 ページを読み終わったあとにアクションを起こす場所 です。SEO対策としてだけではなく、サイトの使いやすさという点で ユーザビリティにも大きな効果がある点です。フッターには、全ページ共通のテキス卜リンクを設定するのが一般的です。ここには、ページを読み終わったユーザーに起こしてほしいアクションを誘導するリンクを設定しましょう。代表的なものは「 HOMEに戻る」リンクです。その際、テキス卜にキーワードを含めてSEOも行っておきましょう 。また、問い合わせや資料請求などの具体的なアクションにつながるリンクも必須です。

SEO対策の専門コンサルタント:俺のSEO.comのTOPへ戻る

 

ECサイト成功するために

ECサイトを開業したが収益化がうまくできない・・・・

たくさんの方がうまくいかなくて悩みを持っていると思います。とくに、最近では、たくさんの簡単なホームページが構築できるサービスなどあります。WEBの知識がなく簡単にネットショップを作れるASP(アプリケーションサービスプロバイダー)サービスなどを使っている場合なかなかSEOで上位表示させるのは難しいです。なぜなら、サイト構築の柔軟性、拡張性に欠けるからです。

成功には2つの視点でのサイト作りが重要です。

1.検索ワードに最適化しているサイト作り

2.訪れた訪問者が使いやすいユーザービリティの高いサイト作り

ECサイトを運営している方で、予算をかけてサイト制作をきちんとしたWEB制作会社に依頼したケースはいいのですが、無料ホームページ作成サービスなどだと上記2つの項目が全くできていないケースが非常に多いです。

SEO対策の専門コンサルタント:俺のSEO.comのTOPへ戻る

サイトマップ

サイトマップはSEOに必須のページです。
サイト内のページ構成を一覧で確認できる「サイトマップ」とは、サイト全体の目次でありリンク集の役目を果たします。元々は訪問者が目的のページを探すときなど、使い勝手の向上のためのページですが、このサイトマップはSEOにおいても欠かせないページなのです。 ロボットは トップページをはじめ階層の浅いページを中心に巡回する傾向があります。必ずしもサイト内のページのすべてを見ているわけではないのです。サイト内のページへのリンクを網羅したサイトマップを作り、サイト内の全ページから直接リンクを張れば、 ロボ ッ卜はサイトマ ップからのリンクをたどり、サイト内の各ページを巡回してくれるように なります。GoogleもYahoo!JAPAN もサイトマップを設けることを 公式に推奨しているので、必ずサイトマップを作りましょう。
サイトマップはユーザー向けのサイトマップとロボット向けのxmlサーバーにあげる2つがあります。両方を作成しましょう。

SEO対策の専門コンサルタント:俺のSEO.comのTOPへ戻る

競合サイト分析

SEO対策を始めるときは競合サイト分析しなければなりません。
自分の会社のサイトを分析したら、次に同業者、ライバル会社のサイトを調べてみま しょう。これには 2つのステッブがあります。ライバル会社のサイトのページで右クリックをして、「ソースの表示Jを選択します。 表示されるソースコードの meta name=”keywords”と titleの部分を見てみましょう。同業者、ライバル会社がもし SEO対策をしていれば、ターゲッ卜となるキーワード、が入っているはずです。
参考にするポイン卜としては、例えば、ライバル会社のサービス内容・サイト内容などがあなたの会社のサイトとかなり似ているようであれば、そのライバルサイトと同じキーワードを使うというのも 1つの手段です。また逆に、ライバル会社との競合を避けるために、あえてそのキーワードを使わないという考え方もできます。次に、自分の会社のキーワード候補で検索した場合に、どんな競合サイトが表示されるかを調べてみましょう。いくつかの検索エンジンで入力して、自分の会社の業務、サービスに近いサイトが表示されれば、そのキーワードで検索しているユーザーのニーズと、自分の会社の内容がマッチしていることになります。結果、そのキーワードは有力候補となります。反対に、関係ないサイトが多数出てくるようであれば、そのキーワードの
使用を避けたほうがよいかもしれません。

SEO対策の専門コンサルタント:俺のSEO.comのTOPへ戻る

ハミングバード

Googleは、ハミングバード(Hummingbird)と呼ぶ検索アルゴリズムを導入していることを発表しています。
ハミングバードのアルゴリズムの特徴は「Conversational Search」(会話型検索)の処理能力の向上です。検索クエリに含まれる個々の単語ではなく、文章全体の意味をアルゴリズムが理解しようとします。昔は、検索クエリのキーワードでアルゴリズムは判断していたのですが今では文脈を読み取り、背後にある“意味を理解できる”ようになりました。ハミングバードの導入によって、意味を理解する力のアルゴリズムをGoogleがますます向上させたのですからなおさらサイトのコンテンツが重要になってきます。ハミングバードは、ランキングに直接影響する検索アルゴリズムの200の要素の中でかなりの重要な要素の一つと言えるようです。何はともあれ、SEOの王道は今までと同じようにユーザーに焦点を当てて良いコンテンツを作っていくことが成功への近道です。

 

SEO対策の専門コンサルタント:俺のSEO.comのTOPへ戻る

キーワードを調べる

キーワードを調べるSEO 対策を始めるにあたり、まずは「キーワード」を決めなければなりません。会議で上司などからキーワード候補を聞いたら、次に、会社のサイトが現状、どのような状態なのかを調べ、分析してみましょう。「会議で決まった仮のキーワード」を、3つの方法で調べてみます。

  1. 候補のキーワードで検察してみる・・・会議で挙がったキーワードを実際に検索エンジンで検索して、自分の会社のサイトの順位がどのくらいかを調べてみましょう。
  2. キーワードツールで順位を調べてみる・・・無料のキーワードツールを使って、検索エンジンでの自分の会社のサイトの順位を調べてみましょう。
  3. 順位の記録を残しておく・・・ 調べた会社のサイトの順位を記録しておき、最終的なキーワードを決める際の参考にしましょう。

SEO対策の専門コンサルタント:俺のSEO.comのTOPへ戻る