ハミングバード

Googleは、ハミングバード(Hummingbird)と呼ぶ検索アルゴリズムを導入していることを発表しています。
ハミングバードのアルゴリズムの特徴は「Conversational Search」(会話型検索)の処理能力の向上です。検索クエリに含まれる個々の単語ではなく、文章全体の意味をアルゴリズムが理解しようとします。昔は、検索クエリのキーワードでアルゴリズムは判断していたのですが今では文脈を読み取り、背後にある“意味を理解できる”ようになりました。ハミングバードの導入によって、意味を理解する力のアルゴリズムをGoogleがますます向上させたのですからなおさらサイトのコンテンツが重要になってきます。ハミングバードは、ランキングに直接影響する検索アルゴリズムの200の要素の中でかなりの重要な要素の一つと言えるようです。何はともあれ、SEOの王道は今までと同じようにユーザーに焦点を当てて良いコンテンツを作っていくことが成功への近道です。

 

SEO対策の専門コンサルタント:俺のSEO.comのTOPへ戻る

キーワードを調べる

キーワードを調べるSEO 対策を始めるにあたり、まずは「キーワード」を決めなければなりません。会議で上司などからキーワード候補を聞いたら、次に、会社のサイトが現状、どのような状態なのかを調べ、分析してみましょう。「会議で決まった仮のキーワード」を、3つの方法で調べてみます。

  1. 候補のキーワードで検察してみる・・・会議で挙がったキーワードを実際に検索エンジンで検索して、自分の会社のサイトの順位がどのくらいかを調べてみましょう。
  2. キーワードツールで順位を調べてみる・・・無料のキーワードツールを使って、検索エンジンでの自分の会社のサイトの順位を調べてみましょう。
  3. 順位の記録を残しておく・・・ 調べた会社のサイトの順位を記録しておき、最終的なキーワードを決める際の参考にしましょう。

SEO対策の専門コンサルタント:俺のSEO.comのTOPへ戻る