現場での実践

メールの件名にプロジェクトコードといった特別な文言を用いたり、電話で済ませた話を別の表に記載しなければならなかったり、決められたルールに従うことに対しては、却って時間がかかると思われるかもしれない。

コミュニケーションマネジメン卜の本質とは個々人の意見をおさえることが目的ではなく、無駄をなくし意思を通じやすくするためにある。

プロジェク卜マネジャーは「プロジェク卜推進の全体最適化」の視点を持ち、「その情報伝達の先に何が控えているか」「トラブルが発生したとき、どこを参照すればよいか」について、うまく解決するための行き届いたコミュニケーションを考えることが大切だろう。

プロジェク卜においては作業そのもの、そして問題発見と解決にも効率とスピードが求められるのである。

コメントする