価値のあるホームページ

ユーザーに価値あるページと思ってもらうためには、読みやすいかどうか、必要な情報が含まれているかどうかなどの部分を考慮してのページ作りを行わなくてはなりません。また、記事自体がユーザーのために構成されていることはもちろん、見出しのタグなどを使い、きちんと検索に引っかかるように工夫もしなければなりません。まずユーザーにとって読みやすいかどうかは、最も大事な部分です。例え価値ある情報が書かれている記事だとしても、読みにくいと思われてしまっては、そのままブラウザバックをされてしまう可能性もあります。見た目としてできる工夫は「文字の色や大きさを変えて見やすくする」「なるべく余白・スペースを空けてスマホからでも長文が読めるようにする」「重くならない程度に画像も使って理解しやすいようにする」「スマホ用のページを作成する(スマホ対応ページにする)」などという方法が考えられます。文章を作成するときはパソコンから作業をすることも多いと思いますが、半数以上の人はスマホを利用すると考えておきましょう。縦長のページがどうしたら読みやすくなるのかを意識すると、自然と余白や空白が増えるはずです。次にタグについてです。タグについては、「適切なものを使う」ということが大切になってきます。例えば見出しをつくるときには<h1>から<h6>までをきちんと分ける、段落を分けるというときにはpタグを使うなど、「検索エンジンが認識しやすいHTMLコードを書く」ということが大切です。ユーザーが読みやすい記事を作りながらSEOに強い記事を書くというのは、なかなか難しいことです。既に検索上位になっているページはどんなものなのかを参考に、ホームページ作りを行っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です