キーワードを繰り返すうえでの注意

キーワードを強調する方法には何度も繰り返すという古典的な手法もあ ります。キーワードがホームページ中に出現した回数をキーワード頻度(Keyword Frequency)といい、キーワードがホームページに出現する割合をキーワード高度(Keyword Density)と呼びます。一般にロボットは、キーワードの出現頻度が高ければ高いほどそのキー ワードがホームページの中で重要だと認識します。 したがってホームペー ジ内でキーワードがなるべ く多く現われるようにします。 例えば、ホームページ中に特定のキーワードが8回出現すると、キーワード頻度は8回となり、5回しか現れないよりも高い評価になります。ただし、キーワードの出現回数が大きいだけではそのキーワードを羅列しているだけの安易なホームページが上位に表示されてしまい、好ましくないため、そのような行為は不正行為としてペナルティの対象となります。よって、どれくらいの回数なら繰り返し使えるのか、という疑問の答えになるのが「キーワード頻度」になります。

ホームページ全体の単語数に対するキーワ ー ドの出現回数の割合を示す 指標をキーワード密度と 言います。キーワ ード密度の計算式は、

キーワード密度=キーワード出現回数÷単語数

となります。

分母の「単語数」は単語の種類になります。同じ単語が10回出現しても(単語の種類としては)1としか数えませんので注意してください。キーワ ードの出現回数が多くなると、キーワー ド密度も大きくなります。 したがって、キーワードの出現回数に歯止めを掛けるためにキーワード密度にも上限が存在すると考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です