海外SEOのリンク対策

SEO SEMが発達していない国では競合が比較的少なく、リンク対策を行わなくても上位表示ができる場合もありますが、少なくともアメリカ、EU諸国、アジアでは、競合が多く、しっかりとした対策が必要です。

グローパルサイトのリンク対策は、対策したいウェブサイトで、使っているのと同じ言語からリンクを受ける必要があります。ほかの言語のサイトからリンクを張られているだけでは問題ありませんが(そもそもグローパルサイトはいろいろな国からリンクを張られることが多い)、意図的であれば検索エンジンスパムとみなされる場合があります。同じ言語からのリンクが、もっともSEO効果が高いのです。

そもそも、効果的なリンクには条件があります。lつは、リンクが適切に張られているか、もうlつは張られたリンクに適切なキーワード‘が入っているかです。

質の高いウェブサイトからリンクをもらっているのであれば、たとえリンク元がほかの言語のウェブサイトでも効果はあります。ただしこの場合、現実的にキーワードを埋め込むことは難しくなります。英語のウェブサイト内に、唐突に日本語で「日本旅行Jのリンクがあったら違和感がありますよね。

ひと昔前には、日本語サイトのSEO対策として、英語サイトから日本語リンクを張る会社もありました。当時はそれでもランキングは上がったのですが、現在はあまり効果がなく、検索エンジンスパムと見なされる可能性が非常に高いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です