SEOの歴史

SEOは年々、査定基準が進化(変化)を遂げています。この査定基準のことをアルゴリズムと言います。SEOの歴史は、実はそれほど長くはありません。

SEOは、1990年代半ば、検索エンジンが登場したことに端を発します。検索エンジン経由で自分のサイトへアクセスする人の数が急増したため、検索結果に対する順位が、そのままサイトの価値としてみなされるようになったのです。

その結果、サイト運営者は、自分のサイトを検索エンジンの上位に表示させようと、さまざまな試行錯誤を行うようになります。おそらく1996年頃からだったと思いますが、現在のSEOに該当するような施策が日本でも始まりました(SEOという名前自体が浸透していたかは不明確ですが…)

そしてこのことが発端で、検索エンジンとサイト運営者との間で蛾烈な戦いが始まりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です