ユニバーサル検索

2007年にGoogleがアルゴリズムを発表しました。ユニバーサル検索(Universal Search)というものです。これは検索結果画面でWEBサイトへのリンク以外の動画、画像、地図、地域情報、書籍、ブログ、ニュース、口コミ、学術論文などを表示します。「情報の新鮮さ」などたくさんの要素がユニバーサル検索の検索結果ページへの表示の評価基準としてあります。
ユニバーサル検索はそれぞれの検索結果を統合し、「ユーザーのニーズにより最適な結果を表示する」ことを目的に開始されました画像、ニュース、ショッピングなどの中から目的に見合った検索方法を選ぶことは大部分のユーザーにとっては難しく、結果的に検索体験の劣化を招く恐れがあります。Googleはそれを一番恐れるのではないでしょうか。ユーザー数を維持し広告収入を保つためにも、Googleはユニバーサル検索の導入に踏み切ったのでしょう。

SEO対策の専門コンサルタント:俺のSEO.comのTOPへ戻る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です