ナチユラルリンクを増やす

現在の SEO 対策は、単純に「被リンクの数が多ければよい」というわけではありません。それどころか、リンク元のサイトによってはペナルティーになってしまう場合さえあります。ナチユラルリンクを集めるというのが、これからの SEO対策になります。 ナチユラルリンクとは、ユーザーが張ってくれる、自 然のリンク(外部リンク)のことです。ユーザーが「便利だな」「面白いな」など、有益な情報だと感じて、自分のサイトやブログ、 SNS などにリンクを張ってくれることです。これは相互リンクではなく、「ユーザー→あなたのサイト」への一方的なリンクです。

◎よいコンテンツを作る→ユーザーが紹介のリンクを張ってくれる→良質なリンクが増える→検索エンジンの評価が上がる→検索順位が上がる、という仕組みです。
Google の言う、自然に人気を獲得した結果できるナチユラルリンクとは、どのようなリンクのことでしょうか。ここではナチユラルリンクの特徴について説明します。

  • IP アドレス・ドメイン分散・・・ 結果的に IP アドレス・ドメインが異なるサイトからリンクを受けるととになり、 SEO 対策上有効な効果が出ます。
  • アンカーテキスト・・・ペナルティになりにくい アンカーテキストペナルティとは、自動生成して大量作成したリンクに対するペナルティです。これは自作自演のリンクを防ぐためのものです。同じテキストによる同じリンクの張り方があまりにも多い場合、ペナルティとして順位が落ちてしまう可能性があります。それに対してナチユラルリンクの場合、リンクの張り方にばらつきが出ると思われます。そのためペナルティを受けにくく、評価を上げることになります。

SEO対策の専門コンサルタント:俺のSEO.comのTOPへ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です