URLの表記

1つのサイトでwwwありとなしではgoogleに別のサイトとしてインデックスされてしまいます。SEO対策では、これを統一しなくてはなりません。これは、google search consoleから簡単にできますが、コーディングで行う方法もあります。

canonicalを使います。

<link rel=”canonical” href=”http://www.sample.jp”>

www.ありに統一

canonicalをよく使うケースとして、以下のような場合があります。

・wwwありなし、両方でアクセスできる場合
・スマホサイト・PCサイトでURLが違う場合
・重複ページがある場合
・HTTPSを優先表示させたい場合

 

wwwありとなしのドメインでは被リンクも別カウントです。またインデックスも別カウントなのでパワーが分散してしまいます。必ず1つに統一しましょう。

SEO対策の専門コンサルタント:俺のSEO.comのTOPへ戻る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です