色の指定

キーワードで指定する

色を指定するためには、特定の16色については、色名を表すキーワードを直接指定することもできます。指定できるキーワードと色、16進数及び10進数による指定があります。

これらの色名の指定はすべてのブラウザに共通ですが、Webセーフカラーとは必ずしも一致しないので注意が必要です。

colorプロパティで文字色を指定

CSSでは文字の色をcolorプロパティで設定します。ここではbodyタグには色名で、h1タグには16進数で色を指定しています。h2 タグが色を指定していないのに青色になっているのは、bodyタグのcolorプロパティを継承しているためです。

background-color プロパティで宵最色を指定

CSSで背景を指定するのはbackground-colorプロパティです。ここではbodyタグとh1タグに背景色を指定してみます。なお、h2タグはbodyタグの背景色を継承しているわけではなく、background-colorプロパティの初期値が透明を表すためbodyタグの背景と同じになっています。

価値のあるホームページ

ユーザーに価値あるページと思ってもらうためには、読みやすいかどうか、必要な情報が含まれているかどうかなどの部分を考慮してのページ作りを行わなくてはなりません。

また、記事自体がユーザーのために構成されていることはもちろん、見出しのタグなどを使い、きちんと検索に引っかかるように工夫もしなければなりません。

まずユーザーにとって読みやすいかどうかは、最も大事な部分です。例え価値ある情報が書かれている記事だとしても、読みにくいと思われてしまっては、そのままブラウザバックをされてしまう可能性もあります。見た目としてできる工夫は「文字の色や大きさを変えて見やすくする」「なるべく余白・スペースを空けてスマホからでも長文が読めるようにする」「重くならない程度に画像も使って理解しやすいようにする」「スマホ用のページを作成する(スマホ対応ページにする)」などという方法が考えられます。

文章を作成するときはパソコンから作業をすることも多いと思いますが、半数以上の人はスマホを利用すると考えておきましょう。縦長のページがどうしたら読みやすくなるのかを意識すると、自然と余白や空白が増えるはずです。

次にタグについてです。タグについては、「適切なものを使う」ということが大切になってきます。例えば見出しをつくるときには<h1>から<h6>までをきちんと分ける、段落を分けるというときにはpタグを使うなど、「検索エンジンが認識しやすいHTMLコードを書く」ということが大切です。

ユーザーが読みやすい記事を作りながらSEOに強い記事を書くというのは、なかなか難しいことです。既に検索上位になっているページはどんなものなのかを参考に、ホームページ作りを行っていきましょう。

ホームページはシンプルに

トップページにお客さんが飛び込んでしまうと、目当ての商品を探すのにス トレスがかかるし、何より、 タグは絞り込んだほうがSEO対策には有利なので、必然的にひとつの目的の検索キーワードに対して、ひとつのホームページで対応した方が、検索順位も上がりやすくなる。

ホームページはシンプルに数ページでいいし、トップバナーやキャッチコピーを少し変えるだけで、 後は同じデザイン、同じフォーマット、同じ写真でも構わない。

ほとんどコピーでホームページが作れるようにしておけば、大量にホームページを生産することなど簡単にできてしまうのである。

こういったお客様が到達するページをランディングページという。SEO対策ではこのランディングページから離脱させないで問い合わせまでつなげるのが大事である。

良い行いとWebサイト

皆さんが運営されている Web サイトのコンテンツにおいて、見直していただきたいポイントは、いくつかありますが、外部的な施策として訪れるユーザーたちが、思わずシェアしたり拡散したくなってしまうような、良質なコンテンツを製作し、さらには運営していくと言ったような試みは、重要なポイントの一つとなってきます。

何よりも、良質なコンテンツとされるユーザー目線の Web コンテンツ制作や、運営は、多くの人々の支持や視野によって、自然的な外部リンクを集めるなどと言われています。このような形で、プラットフォームを拡大していくことによって、ユーザーたちの間でも、ネットワークが広がりを見せる中で、ウェブサイトとしての価値が、高まっていくのでしょう。

Google は、このような形で、多くの人々から支持を得たりユーザーたちからの信頼性や、信用度の高い Web サイトを、高評価し、さらには検索エンジンなどの検索順位に対して、順位を高めているようです。

皆さんもスーパーや、商店などで良い買い物ができた場合は、思わず帰りがけの町内で出会った人々に声をかけてしまったりしませんか?「●●ストアのバナナが格安で、とても品物が良かったですよー」などと、ご近所の奥様にお伝えすることによって、●●ストアの認知度や、信頼性などが高まり、数多くの人々が集客されるチャンスを得るのです。

何よりも訪れる人々にとって、有益であったり利便性の高いものは、人々の注目や認知度を自然発生的に高めていくでしょう 。Google はそのような形で、人々の良心的なシェアや外部リンクをWebサイトの評価としているようです。