検索意図にあった情報収集

ユーザーの「検索意図」に合った情報を収集することは、検索を行うユーザーにとって利便性が高いコンテンツを考えるうえで、とても大切です。これはコンテンツの見やすさや分かりやすさ以上に大事なようです。何故なら、そのコンテンツがどんなに魅力的なものであったとしても上位表示を狙っている「キーワード」の「検索意図」からずれてしまっていた場合には、検索結果のページで上位表示されにくくなってしまうからだそうです。そのため、コンテンツを作成する際にはまず検索を行うユーザーの「検索意図」を分析し、その「検索意図」をカバーすることが可能な情報を徹底して収集するようにしましょう。収集後は集めた情報を整理していきましょう。この時行う作業としては“ページに掲載をするべき情報”と“ページに掲載しない情報”の2つに分けていきます。このような情報の取捨選択を行うことにより、検索ユーザーの利便性につながる場合があるのです。もし、情報の取捨選択を行わなければ、取り扱う情報は増えていくばかりです。増えすぎた情報によりおのずとページの文章量も増えていくものかと思います。そうなると、読み手の負担が増えてしまう可能性があるのです。そうならないためにも情報の取捨選択を行う必要性があるようです。さて、これらの準備が完了したら、ライティングと呼ばれる作業に取り掛かっていくことが出来ます。「検索意図」の分析という上流工程は、SEOに強いコンテンツを作成する上で必要になってくるということを憶えておくと良いかもしれません。