共感を引き起こす文章を作成する

ユーザーに文章を読んでもらうためには、自分事(じぶんごと)化による共感を引き起こす事も重要なポイントとなってくるようです。まず、共感とはどのような意味があるのでしょうか?共感とは、「自分の事として相手の感情を感じること」という意味があるようです。読み手であるユーザーが“共感”をした文章は「自分にとってこの文章は関係があるのか、読んでみよう」という心理になるようです。つまり文章を読み進めて貰えるようにするためには、読み手であるユーザーにとって自分事となるように共感を引き起こすことが必要となります。しかし、読み手であるユーザーに共感して貰えるようにするためには、こちらからまず感情を伝えなければなりません。ではどのようにしてこちらの感情を読み手であるユーザーに伝えれば良いのでしょうか。
ここからご紹介していく2つのポイントが感情を伝える上で重要になるようです。
・1つめ:感情表現がどこなのかが、分かりやすいような色付けを行うこと。
・2つめ:“感情の発信者”を明白にすることでその感情が誰の感情なのかを伝わるようにすること。この2つのポイントが重要なようです。例えば、「」(カギ括弧)を用いて感情を表すことも可能になります。カギ括弧を用いると「話し言葉」に見えるようになるため、その文文章は感情が伝わりやすくなるようです。また、感情表現は文末に感情を表すような記号を入れることでも色付けを行うことが可能です。「♪」や「・・・」・「!」や「?」等々、記号や感嘆符場合によっては顔文字などを使用してみるのも良いようです。そして、“この感情が誰のものなのか?”という「感情の発信者」を明白にすることが1の「感情表現がどこなのかが分かりやすいように色付けを行うこと」の次に大事になってくるようです。これは、発信者が発する感情は、その発信者の人物像が具体的なものであればあるほど説得性を持ち、より深く読み手であるユーザーに共感されやすくなる可能性があるからだそうです。つまり、できるだけ多く「感情の発信者」に紐ずく「情報」伝えることが読み手であるユーザーの共感を引き起こすためには大切なようです。