検索を行うときはどんな時か

検索を行うユーザーにとって利便性が高いコンテンツとはどのようなものなのでしょうか?利便性の高いコンテンツについて考える時には検索を行うユーザーが「自分の疑問や質問・悩みに対する答え」を求めて検索を行っているのであり、「検索したい!」という気持ちだけで検索を行っている訳では無いということを念頭に入れておくことが大切なようです。具体例を挙げてみましょう。皆さんが自作のコンピューターを作りたいと思いそれに関する書籍を読んでいるとします。隣にはコンピューターの製作に詳しい友人がいます。読んでいる最中に分からない箇所がありました。皆さんはその場で検索を行うでしょうか?迷わず検索を行う方もいらっしゃるかもしれませんが、多くの方は隣にいる詳しい友人へ分からない部分を尋ね、疑問を解消されるかと思います。このように、何か疑問が浮かんだ場合であっても尋ねて解消する問題であればわざわざ検索を行う必要性はありません。しかし、現実ではこのような「自身の抱いた疑問に対し、迅速かつ的確に解答を用意してくれる」という状況が起こることはなかなかないと思います。何故なら自分が持つ多くの疑問や悩みに関する解答を迅速かつ的確に用意してくれる人が周りにいる環境を作ることはあまりにも困難だといえるでしょう。そのため、多くの人は解答を求めて検索エンジンを使用するのです。中には「検索エンジンを致し方なく使用する」ユーザーも少なからずいる可能性がということは知っておいたほうが良いかもしれません。  

検索意図を推測するには

検索意図を推測するにはどうしたらよいのでしょうか?ここでは4つの方法を使いキーワードの検索意図を推測してみましょう。
1.関連キーワードをGoogleプランナーを使いチェックする。
2.Q&Aサイトなどで該当キーワードに関するQ&Aをチェックする。
3.閲覧数の多いまとめをキュレーションサイト等でチェックする。
4.キーワード検索をGoogleで行い検索結果上位10位までのページをチェックし分析する。この4つを使う事で検索意図を推測していきます。さ
て、推測を行う前に1の方法であるGoogleプランナーとはどんなものか知っていますか?少しGoogleプランナーについて見ていくとしましょう。Google プランナーとは「Google  Adwords キーワードプランナー」の事を指すようです。これはGoogleの提供ツールであり、キーワードごとの月間検索回数を教えてくれるもになります。この「Google Adwords キーワードプランナー」というツールを使用すると該当キーワードに加え関連キーワードの月間検索回数も知ることが可能なそうです。検索ユーザーは必ずしも検索に慣れているわけでは無いでしょう。中には自身の知りたい情報を言葉に上手く変換できないまま検索を行うケースもあります。つまり潜在的な検索意図を考える時には検索キーワードだけでなく関連キーワードを意識することも大切な事なのです。

検索意図の推測を行う


検索意図の推測を行う場合にはまとめサイト等をチェックしたり、Googleの検索結果ページで表示される上位10位までのWebページを分析するという方法も良いようです。ではその方法を1つずつ見ていくとしましょう。まずはまとめサイト等をチェックする方法ですが、その方法を見る前に、キュレーションサイトと呼ばれるWebサイトがあることはご存知でしょうか。このキュレーションサイトと呼ばれるサイトは、「NAVERまとめ」のようなWebサイトの事を指すようです。そしてこの「NAVERまとめ」と呼ばれているWebサイトが「まとめサイト」等の事も指すようなのです。この「NAVERまとめ」のようなまとめサイト等では様々な情報を多く取り扱っており、それらの情報を各テーマやカテゴリーごとに分類して掲載しているようです。では、こうした「まとめサイト」をチェックし検索意図の推測を行う方法を見ていきましょう。まずはまとめサイト内でキーワードの検索を行います。まとめサイトの中でキーワード検索を行うと、そのキーワードに関して最も閲覧数の多かったまとめが分かるかと思います。次に、その閲覧数の多かったまとめをチェックしてみましょう。チェックすることにより、「どのくらい多くのユーザー」が、「どういったまとめ」に対して、潜在的な興味を惹きつけられたのか等を知ることが出来るようなのです。これが検索意図の推測を行う際に役立つ場合があるようです。次に、Googleの検索結果ページで表示される上位10位までのWebページを分析する方法を見ていきましょう。まず、キーワードをGoogleで実際に検索してみましょう。キーワードを検索すると検索結果のページが出てくるかと思います。この検索結果のページは検索を行ってきたユーザーの検索意図に対応するよう、表示するページをGoogleが選択しているそうです。つまり、検索を行うユーザーがどのようなコンテンツや情報を欲しがっているのかはGoogleの検索結果のページを見れば知ることが出来るようです。そのため、検索結果ページに表示されている上位10位までのWebページ、及びコンテンツを分析することは、ユーザーの検索意図を推測するだけでなく、SEOを成功させるためにも良いようです。ただし、GoogleのアルゴリズムによってGoogleの検索結果は自動的に形成されるため、表示される情報は変わる場合もあるそうです。